株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

目次はページ数に入れるのか?

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

目次をページ数に入れるべきなのか、答えは基本的に「本文内なら入れる」です。

しかし目次を表2に入れる場合は「入れない」でも大丈夫です。

 

ページ数の位置

 

ページ数はノンブルを入れて分かりやすく管理する

まず、ページ数を把握するために重要な「ノンブル」について解説します。

「ノンブル」とはページ番号のことで、ページの下部や上部に小さく入っている数字です。読み手が今どのページを読んでいるのか把握するためにも重要ですし、原稿の書き手としても自分の現在位置を知るために必要です。また、印刷の校正紙を見る際や、検品などでもノンブルがあると正しいページ順になっていることが確認しやすく、小さいけれど重要な存在です。

小説、雑誌、論文集、資料集、カタログなど、あらゆる読み物に入っています。

 

しかし写真集や画集など、ビジュアルを全面に印刷して余計な要素を見せたくない冊子は入れないこともあります。

 

表2と表3はノンブルを振っても振らなくてもいい

ノンブルは基本的には本文の1ページ目を1とします。右開きの本の場合、開いた右側のページが1となり、本文最終ページが偶数で終わります。

冊子の印刷を発注する際の本文ページ数とノンブルの数字が一致するので、一番分かりやすいノンブルの振り方です。

 

しかし表2と表3にも内容を印刷する場合、表2にノンブル「1」を振り、表3に最終ページのノンブルを振る場合もあります。これも間違いではありません。ただし、発注する本文ページ数よりノンブル上では2ページ多いことになるので、注文する時は間違えないように気をつけましょう。

中綴じの冊子などはこのノンブルの振り方をしばしば見かけます。

 

目次を本文に入れる場合は数える、表2に入れる場合は数えなくてもいい

上記の理由から、目次を表2に入れる場合はページ数に数えても数えなくてもよいです。

本文の1ページめに入る場合は、目次も1ページ目にカウントします。

デザインとしてページ数を入れると野暮ったく見える場合は隠しノンブルとしてノンブルを記載しないという方法もあります。その場合もしっかり1ページめとしてカウントし、次のページのノンブルは「2」から始めましょう。

 

白ページにノンブルは入れる? 入れない? 隠しノンブル

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短4月25日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから