株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

強い冬型の気圧配置で大雪、路面の凍結、交通規制等の影響で
全国的に配送に遅れが生じております
何卒ご了承くださいませ

表紙だけカラー印刷の無線綴じ冊子

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

表紙だけカラー印刷の無線綴じ冊子

無線綴じ冊子の特長は、大量ページを綺麗にしっかり綴じられるということです。無線綴じはくるみ製本、並製本とも呼ばれ、本文を束ねて表紙用紙でくるんで背表紙を糊で固定する製本方法です。

低コストながら本格的で高級感のある仕上がりが持ち味です。

イシダ印刷では最大800ページまで綴じることができます。

 

低コストのモノクロ本文×魅力的なカラー表紙

ページ数の多い冊子の本文をフルカラーにすると、コストがどうしても高くなってしまいます。論文集や小説、マニュアル、テキスト、資料集など、ページ数の多い読み物を作る際によく採用される仕様が、モノクロ本文×カラー表紙です。

本文はモノクロで低コストにおさえながらも、表紙をカラーで印象的に仕上げることによって、冊子の存在感がぐっと大きくなります。

句集、詩集、漫画、同人誌、ZINEなど、イベントや書店で販売したい本におすすめの仕様です。

 

カラー表紙におすすめの紙

イシダ印刷で無線綴じ冊子を作る場合、表紙は以下のラインナップから自由に選べます。薄い紙は選択肢にありません。無線綴じは本文を背表紙で支えるため、少し厚手の紙を使う必要があります。

カラー表紙におすすめの紙

  • カラー表紙の定番はコート135Kです。
    本文用紙でよく使うコート90Kや上質70Kの1.5倍くらいの厚みですが、程よく捲りやすい薄さで、会社案内やカタログなどでよく見かけます。
    もっと高級感のある仕上がりにしたい方は、さらに厚手のアートポスト160K、180K、200Kを使用するといいでしょう。
  • コート紙、マットコート紙、アートポスト紙、マットポスト紙はどれもインクの発色を向上させるコーティング剤が塗布されており、鮮やかな色や濃い色がデータに忠実に印刷できるのが特長です。
    コート紙、アートポスト紙は表面がつるつるしていて、光沢が強いです。光沢感を消したい方は、マットコート紙、マットポスト紙を選びましょう。

コート紙、マットコート紙、アートポスト紙、マットポスト紙の使い分けについては下記もご参照ください。

コート紙、マットコート紙、アート紙の違い、使い分け方

 

カラー表紙におすすめしない紙

本文用紙のうち、レザック、色上質紙、江戸小染は地色がついているので、カラー印刷には少々コツが必要です。印刷のインクは半透明なので、紙の地色が影響するのです。ロゴや小さいイラストなど、ポイントで色を使用するのは良いですが、全面に写真を印刷するようなデザインは向いていません。価格の安い紙ではないですし、地の風合いをそのまま生かしたシンプルなデザインが良いでしょう。

上質紙は白いシンプルな紙ですが、コーティング剤が塗布されていないナチュラルな紙なので、コート紙に比べると発色が劣ります。

会議資料やテキストなどの簡単な冊子なら十分なクオリティに仕上がりますが、長期保存したい大事な冊子にはコート紙を使うのをおすすめします。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短2月7日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから