株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

ご好評につき最大35%OFF! 期間延長!(7/31まで)

見開きページの入稿データの作成方法、レイアウトの注意点

本や冊子を開いて、左右見開き2ページ渡って写真や図、イラスト、タイトル文字などがかかっていて、一続きの横長のページとして見せるデザインを「見開きレイアウト」「見開きデザイン」「見開き」などと呼びます。

 
漫画や雑誌、会社案内、パンフレットなどでは、全体の中で特に目立たせたい内容を見開きで表現します。
横長の写真を大きくレイアウトしたり、見開き2ページに渡ってコピーや見出しを配置したり、次のページにかけて大きな矢印を伸ばしたり、大胆な構成によって、情報をより印象深く見せることができます。

 
単ページに淡々と情報を載せるページと、見開きでダイナミックに表現するページを区別して、メリハリのあるデザインで本、冊子を作りましょう。

見開きページの入稿データ作成方法

ページを横に2ページ分つなげた状態のサイズでデータを作成します。

 
例えば、A4縦(210mm×297mm)の冊子を見開きでデザイン、レイアウトするなら、見開きの仕上がりサイズは420mm×297mmです。
※塗り足しは上下左右+3mm付けます

 
印刷会社で見開きページを印刷する際は、下の画像のように単ページ×2に分けますが、見開きページを2つに分けて印刷・製本する作業は印刷所で行います。

データ入稿のときに、見開きレイアウトをした写真やイラストを左右のページのデータに分けて入稿する必要はありません。

見開きのページは、見開きのままのデータで入稿しましょう。
見開きページのデータ作成

入稿データのファイル名にはページ番号を付けて

通常のページと同様に、見開きのデータは、ファイル名を「p2-p3」「p2-3」のように、印刷会社にも分かりやすくページ番号を付ければ、進行もスムーズで安心です。

冊子は開いた時、まず表2(表紙の裏面)が一番先にくるので、見開きになるページは「表2-p1」「p2-p3」「p4-p5」・・・という組み合わせになります。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

見開きページのデータ作成は「ノド」に注意!

メインとなる写真やイラスト、地色、罫線、コピーなどを、見開きページの左右に渡って配置し、オブジェクトを大胆に演出できるのが見開きデザインの利点ですが、「ノド」を意識して制作することを忘れないでください。

 
「ノド」とは、冊子開いた綴じ側のことで、見開きページの中心部、センター部分です。
反対側の外側を小口(こぐち)といいます。

ノド 小口 天地
ノドと見開き 製本方法が無線綴じの場合

無線綴じ冊子は、紙の厚みやページ数によってノドが中央から外側に向かって数ミリ隠れてしまいます。
そこに重要な文字があると読めない、または読みづらくなってしまうので、ノドは余分に余白を取ると綺麗に仕上がります。

 
ノドが隠れる幅は紙の厚さ、ページ数によって微妙に変わりますが、概ね100ページ未満なら、15mmの余白を取っていれば問題ないでしょう。

 
他に、無線綴じ冊子の「見開きデザインとノド」の注意点は、

● ノドを避けて配置するのは、隠れると意味が伝わらなくなってしまうものだけ(文字や小さいイラストなど)

● グラフィック要素はノド部分にも連続して敷きます。地色や写真に余白を置いてしまうと、中途半端に白が見えてしまう。

写真の中の顔や読ませたい文字などは、ノドを避けて配置する。

 

ノドと見開き 製本方法が中綴じの場合

中綴じ冊子は見開きを中心まで広げられる製本方法なので、見えなくなる部分はほとんどありませんが、文字の途中や顔写真に中央の折り目がついているのは見栄えが良くありません。

やはり、ノド周辺に文字や重要な要素をレイアウトするのは避けたほうがいいでしょう。

見開きデザインはノドを避けてレイアウト

参考記事:

本のレイアウトの肝「最適な余白」は何mm?

【冊子印刷】入稿データの間違いはゼロにできる!4つのチェックポイント

文字や図版を読みやすく配置する【本・冊子レイアウトの基本 その2】

入稿データに「塗り足し」を忘れたらこうなる!印刷屋が伝えたい塗り足しの理由と方法

今すぐ試せる!印刷費用を安くする5つの方法~冊子づくりのポイント(3)~


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大35%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

  • 報告書・資料

    95円/1冊

    報告書・資料の印刷・製本

    表紙:上質110K
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:100 頁数:20 1冊あたり 95円
  • テキスト・問題集

    1冊あたり381円

    テキスト・問題集の印刷・製本

    表紙:コート135K
    本文:上質90K
    表紙 片面カラー
    本文 モノクロカラー混在
    ※PDF入稿の場合

    部数:150 頁数:80 1冊あたり 381円
  • 学位論文・論文集

    1冊あたり590円

    学位論文・論文集の印刷・製本

    表紙:コート110K
    本文:書籍72.5K
    表紙 片面モノクロ
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:50 頁数:180 1冊あたり 590円
  • 作品集・画集

    1冊あたり129円

    作品集・画集の印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:200 頁数:30 1冊あたり 129円
  • 記念誌

    1冊あたり569円

    記念誌の印刷・製本

    表紙:マットコート180K
    本文:上質 70K
    表紙 カラー
    本文 モノクロカラー混在
    ※PDF入稿の場合

    部数:100 頁数:110 1冊あたり 569円
  • マニュアル

    1冊あたり56円

    マニュアルの印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 70K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:500 頁数:24 1冊あたり 56円
  • 小説・自費出版

    1冊あたり741円

    小説・自費出版の印刷・製本

    表紙:アートポスト160K
    本文:上質 書籍72.5
    表紙 カラー片面
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:50 頁数:228 1冊あたり 741円
  • 俳句集・歌集

    1冊あたり579円

    俳句集・歌集の印刷・製本

    表紙:色上質最厚口
    本文:書籍55K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:80 頁数:98 1冊あたり 579円
  • 自分史

    1冊あたり954円

    自分史の印刷・製本

    表紙:マットコート180
    本文:上質90K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロカラー混在
    ※PDF入稿の場合

    部数:30 頁数:110 1冊あたり 954円
  • 文芸誌

    1冊あたり591円

    文芸誌の印刷・製本

    表紙:色上質特厚口
    本文:上質 書籍72.5K
    表紙 モノクロ
    本文 モノクロ
    ※PDF入稿の場合

    部数:50 頁数:180 1冊あたり 591円
  • 卒業アルバム

    1冊あたり599円

    卒園・卒業アルバムの印刷・製本

    表紙:アートポスト180K
    本文:マットコート135K
    表紙 カラー両面
    本文 カラー
    ※PDF入稿の場合

    部数:180 頁数:50 1冊あたり 599円

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

仕上がりが気になる方は、まずは試し刷り!

仕上がりが気になる方は、まずは試し刷り!

ご注文・お見積もりはこちらから