株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

重版と増刷

重版と増刷

重版と、増刷の違い

増刷とは

以前印刷した本・冊子を、同じ内容、同じ仕様で再び印刷製本することを増刷といいます。

「再刷」「増し刷」など、様々な言い方があります。

重版とは

もう一つ似た言葉に、重版がありますが、こちらは初めて刷った本・冊子から加筆・修正などして内容を改め、製版フィルムを新しく作り直すことを指します。

増刷と重版の表記方法

増刷の場合

出版社が本を売り出す時に、一番最初に刷る分が「初版第一刷」です。
本によっては逐一刷数を記載しないこともあります。
初版第一刷が売り切れると増刷され、印刷にかけられた回数だけ「第二刷」「第三刷」と数字が増えます。

 
売れ行きに対して印刷数が足りてないと、刷数が多くなっていきます。

重版の場合

「版数」は、内容を変更、修正して「版」を作り直した時に数字が加算されます。

 
例えば、本の奥付に、

 

第5版第3刷発行

とあれば、初版が発行されてから版が5回変更され、その第5版を使って3回目に増刷された本、となります。

重版にはコストがかかる

オフセット印刷で本・冊子を作る場合、紙やインク、製本作業の他に「製版」にコストがかかります。
製版とは、印刷用の版面をつくる工程のことです。

 
版画の「版」と同じで、1枚の版から何百枚、何千枚と刷れるので、大量に印刷すればするほど1冊あたりの製版コストが低くなります。

 
版を変えずに増刷する場合は、同じ版と使えるので紙やインク、製本代のみのコストで済みます。
しかし、文字や絵を一部でも修正すると、重版となり、版を再作成しなくてはいけないので再び製版代がかかります。

 
版を修正して再印刷する場合、重版の部数が少ないと1冊あたりのコストが初版の時よりも高くなることがあるので、印刷所とよく相談して内容と部数を決めましょう。

重版と増刷、言葉の使い分け 同じ意味で使っている?

重版は製版に関わる言葉なので、本来はオフセット印刷の場合にしか使いません。
オンデマンド印刷はデータから直接プリントするので製版作業がなく、版の修正という行程がないのです。
コストも初版、再版、増刷、すべて同じです。

 
しかし、版を変えずに増刷する場合や、オンデマンド印刷で再印刷する場合に「重版」と言うことがあります。

 
「重版出来(じゅうはんしゅったい)」という言葉が本の売り文句になったり、漫画やドラマのタイトルにもなったりして、「重版決定しました!」とアピールする方がユーザーに通りがよく、増刷より「重版」が使われる傾向にあります。

 
重版と増刷が同じ意味で使われているため、印刷の現場以外では、厳密な使い分けをする必要はないでしょう。

印刷会社に増刷を依頼、注文する

過去に発行、出版した本・冊子の増刷を印刷会社に依頼する場合、どのような手順で進めていけばよいでしょうか。

 
増刷する際、同じ印刷会社で増刷するか、前と違う印刷会社に依頼するかになります。

 
前と違う印刷会社へ依頼する場合は新しい注文として、印刷製本が行われます。
使用していた用紙や装丁が可能か、または変更するのか、サイトで可能な仕様をチェックしたり、問い合わせて相談してみましょう。

同じ印刷会社に依頼、注文する場合は、前回の仕様をそのまま引き継げ、やり取りもスムーズです。
担当者に連絡するか、印刷会社のホームページで過去の注文履歴から再注文、増刷を選びましょう。

 

イシダ印刷でも注文履歴からかんたんに増刷できます

マイページからの増刷のご注文方法をご紹介します。

1.トップページからログインします

z1

ここをクリックしてログイン画面に進みます。トップページの右上です。

2.ログイン画面でメールアドレスと、パスワードを入力します

z1_2

3.マイページの画面です。
一番上の「注文履歴」の「注文履歴一覧を確認/データを入稿する」をクリックします。

z2

4.ご注文履歴一覧の画面です。
増刷したいご注文欄の「この仕様で再注文する」をクリックします。
z3

5.お見積りと、ご注文の画面です。

z4
すでに、増刷する注文内容の仕様が入力されています!

仕様は変更することもできます。
部数や、用紙、オプション加工などすべての項目の変更が可能です。

6.注文完了!データを入稿します。

画面の下にある「ご注文手続きへ」をクリックして、ご注文内容をご確認の上、ご注文を確定します。

ご注文手続きが完了しましたら、マイページよりデータ入稿を行ってください。(入稿は郵送でも受け付けております)
詳しくは「入稿原稿について」のページをご覧ください。

●前回と本・冊子の仕様が同じで、データ内容が異なる場合も上記と同じ方法で増刷できます。
ご注文後、新しいデータをご入稿ください。

●データ内容が前と同じで、仕様を変えたい場合もお見積りご注文ページでご希望の仕様を選び、ご注文手続きを進めてください。


増刷、重版についてのご質問、ご相談は

法人様専用フリーダイヤル:0120-264-233

携帯電話・スマートフォン:06-6167-7365 /

までお気軽にお問い合わせください。
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

お問合わせフォームからも、ご相談お待ちしております。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短9月29日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから