株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

冊子印刷に最適な紙の厚さ・徹底解説

紙は種類によって厚さが違います。まずは「取り扱い用紙」の案内ページもあわせて見てみましょう。

紙の厚さは「K」や「kg」などの単位で表現され、数値が大きいほど「重く=厚く」なります。紙は湿度や温度で微妙に変化するため、1枚の厚さを正確に計測することができないので、全紙100枚分の重さを表しています。

上記のページでは分かりやすいように1枚の厚さの目安(mm)も記載しています。

紙の厚さ

ページ数が多い冊子の本文に適した用紙の厚さは?

100ページを超える冊子には、以下の厚さを使うのがいいでしょう。

上質紙70K、書籍用紙72.5Kはコピー用紙くらいの厚さだと思って問題ありません。光に透かすとうっすら裏の印刷が透けますが、ページを捲っている時に裏写りが気になることはありません。

コート紙は上質紙より密度が高いので、90Kが上質紙の70Kくらいの厚さです。しかしコート紙の方がしっかりした高級感のある印象になので、人によっては上質紙より厚く感じるかもしれません。コート紙なら裏写りも全くありません。

上記の4種類は嵩高で、上質70Kに比べると1.3~1.5倍ほどの厚さがあります。

しかし柔らかく捲りやすい質感で、重量も軽い紙なので、背幅を計算して問題のない厚みに収まるのであれば使っても大丈夫です。

実際の本の厚さをシミュレーション

イシダ印刷では便利な背幅計算ツールを用意しています。

背幅計算ツール

この条件で本文用紙をモンテシオンに変更すると60.3mmになります。たった20mmの違いですが、100冊に重ねれば2000mmです。

保管場所、輸送手段によっては厚みの差が重荷になることもあるので慎重に検討しましょう。

ページ数が少ない冊子の本文に適した用紙の厚さは?

ページ数の少ない冊子は薄い紙でも厚い紙でも作れますが、やや厚めにした方が重厚感、高級感を演出しやすいです。

  • 上質紙 90K、110K、
  • 書籍用紙 90K
  • コート紙/マットコート紙 110K
  • ラフ書籍
  • ホワイト書籍
  • モンテシオン
  • モンテルキア

上質紙、書籍用紙は、ページ数が40ページ未満ならやや厚めの紙にした方がしっかりした印象の冊子になります。しかし取り扱い説明書や講習会テキストなど、かさばらない方がいい冊子なら一番薄い紙が適しています。110K以上の厚さは、譜面台に立てる必要がある楽譜や、メニュー表、パンフレットなどに使います。

コート紙は厚さによって雰囲気ががらりと変わるので、用途によって使い分けましょう。

90K以下の薄いものはチラシや週刊誌に向いていて、110K以上は写真集や画集、ラグジュアリーなパンフレットに適しています。重厚な雰囲気を持たせたいフルカラーの冊子には110K以上を使用するといいでしょう。

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月8日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから