株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordでグラフを作成する方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

Wordは文章の執筆・編集から画像の貼り込み、簡単なデザインも行えるので、近頃はWordから冊子の入稿データを作る方も多いです。Wordはグラフも簡単に作成できるので、学術書や論文集、教科書、資料集などの作成にも適しています。

 

Wordで作れるグラフの種類

Wordでグラフの作成はワンクリックで完了します。まず「挿入」タブを開き、「グラフ」の右側の三角をクリックします。すると、プルダウンメニューで作成できるグラフの一覧が現れます。

 Wordで作れるグラフの種類

棒グラフ、円グラフ、散布図など、様々なグラフを作成できます

棒グラフ、円グラフ、散布図など、様々なグラフを作成できます。色や大きさ、フォント、凡例のつけ方も選べるので、大概のグラフはWordで作成できると思っていいでしょう。

ここでは一番シンプルな棒グラフの作成方法を紹介します。

 

グラフ作成はExcelが必須

グラフのプルダウンメニューから、棒グラフのイラストをクリックすると自動的にExcelが起動して、デフォルトの数値が入力された表が現れます。

グラフ作成はExcelが必須

各項目とグラフ上の表記は以下のように関連しており、Excelファイルの列、行の数値や文言を変更すると、随時Wordのグラフに反映されます。

Excelファイルはどこにも保存しなくてもWordに紐づけられているので、編集を終えたらそのまま閉じて大丈夫です。

Excelファイルの列、行の数値や文言を変更すると、随時Wordのグラフに反映されます

 

Wordでグラフを右クリックして「Excelでデータを編集」を選択すれば、またExcelのデータが開いて、編集できます。

座標軸の数字やカテゴリの文言は、Word上で直接編集できません。「グラフタイトル」だけはWordの文字ツールで編集できます。

Excelでデータを編集

 

グラフの色、デザインを変える方法

グラフを選択すると、タブの並びの一番右に「グラフのデザイン」「書式」タブが現れます。「グラフのデザイン」タブで、グラフのデザインや色合い、凡例の付け方などを選べます。

グラフの色、デザインを変える方法

 

「グラフのデザイン」タブの一番広いウィンドウで、様々なデザインを選ぶことができます。グラデーションの背景付き、スケールの罫線付き、色覚障害者の方が判別しやすい柄付きグラフなど、様々なデザインが用意されています。

グラフのデザイン

 

その隣の「色の変更」で、グラフの色合いの調整、「グラフ要素を追加」で凡例やタイトルの入れ方の変更、注釈や補足情報などの文字情報の追記などの操作が行えます。

クイックレイアウトはデザインテンプレートのようなものです。お急ぎの方はこちらを使うといいでしょう。

クイックレイアウトはデザインテンプレートのようなものです。

 

グラフの色はテーマカラーに従っている

グラフの色は、書類全体の「テーマ」に沿ってつけられています。

「テーマ」とは、MicrosoftOfficeのソフトに特有の機能で、その書類に固有にカラーパレットです。文字や図形を選択する際に一番上に表示されるカラーパレットで、「デザイン」タブの「色」から「テーマ」を変更することが可能です。

グラフの色は、書類全体の「テーマ」に沿ってつけられています

「テーマ」は書類全体のトーンを統一するための機能です。基本的には、グラフはテーマの色に従っているままにした方がデザインに統一感が出ますし、テーマカラーを変更した際に自動的に変更されるので便利です。

しかし、どうしてもこの項目は赤にしたい、黒にしたい、という場合は個別に色を設定することも可能です。

 

グラフの色を個別に変更する方法

グラフの色を個別に設定した場合は、グラフを選択し、「グラフのデザイン」タブを表示。右側の「データ系列の書式設定」でバケツマークのタブを選択します。

「塗りつぶし」「グラデーション」など、好きな処理を選択して「色」で自由に色を設定することが可能です。

グラフの色を個別に変更する方法

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから