株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

Wordでページ番号(ノンブル)を入れる方法

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

ノンブルとは

ノンブルをつけると分かりやすい

本や冊子には、ページの下の方や、上の隅にページ番号が付いています。

このページ番号を「ノンブル」といいます。

 

本や冊子のページ構成にしたがってデータを作成する作業にはノンブルの配置も含まれます。

この記事では、Wordでノンブル(ページ番号)を入れる方法を解説します。

ノンブルとは?入れ方や位置、ページ数の正しい数え方

 

Wordでページ番号を入れる方法

画面上部に並んでいるタブの中から、

 

「挿入」を選択 →  「ページ番号」 アイコンをクリックし → 「ページ番号」をクリックします。

Wordでノンブルを付ける方法

ページの下(フッター)、ページの上(ヘッダー)、中央、右寄せ、左寄せなど、配置位置を指定すると、ノンブルが自動的につきます。

 

ノンブルの文字色やフォント、大きさを変える

デフォルトだとグレーの文字色ですが、文字色やフォント(書体)、文字の大きさを変えるには、ダブルクリックまたは「ヘッダーとフッター」タブから「ヘッダー」or「フッター」の「編集」を選択します。

そうすると、ノンブルを含めヘッダーやフッターに置いた内容を編集できるようになるので、書体や色を選びます。

 

ノンブルの開始番号を変える

ノンブルの開始番号は、Word用 冊子のテンプレートのように本文1ページ目を「1」として始める場合もあれば、目次の次ページから入れる場合もあります。

 

ノンブルの開始番号を変える方法は、

「挿入」を選択 →  「ページ番号」 アイコンをクリックし → 「ページ番号の書式設定…」から細かく設定できます。

ノンブルの開始番号を変える方法

 

「ページ番号の書式設定…」ダイアログ内にある、「連続番号」の「開始番号」を任意の数字に変更して、OKをクリックします。

 

ノンブルの開始位置を変えたくなったら、「ページ番号」 アイコンをクリックし、「ページ番号の書式」をから細かく設定

 

Wordテンプレートを使ってノンブルを入れる

イシダ印刷で無料ダウンロードできるWord用 冊子のテンプレートでは、ノンブル(ページ番号)が設定できます。

 

このテンプレートでは、扉ページや目次ページをノンブルにカウントせず、本文の文章が始まる1ページ目からノンブルがついています。

ノンブル開始ページの「1」は、通し番号では6ページ目になっています。

文章が始まる1ページ目からノンブル

【Word】1冊まるごと無料テンプレートと激安価格で冊子印刷を注文する方法

 

Wordの総ページ数を確認する

Wordで作成する冊子データでは、総ページ数を、ノンブルではなく、Wordの画面の下部に表示されるページ数を見て、総ページ数を把握するようにしましょう。

ノンブルの数字は必ずしも総ページ数と一致しているわけではないからです。

 

目次で記載するページ数は、ノンブルに合わせます。

 

画面の下部に表示されるページ数を見て、総ページ数を把握する
6/11とは、合計ページが11ページで、6ページ目を表示しています。
 

PDFで総ページ数を確認する

入稿データ用にPDFに変換・書き出した後も、念のため、PDFを画面で開いて総ページ数を確認しましょう。

Wordは、空白ページを挿入すると自動的にページが増えていきます。
余計なページが入っていないかも、合わせてチェックしましょう。

 

安全&安い!Word→PDF変換方法と、PDF入稿の印刷価格シミュレーション

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

 

【重要】ノンブルと印刷注文で指定する「総ページ数」が同じではない場合

印刷の発注ミスで気を付けたいのが、注文時に指定した総ページ数と、入稿データのページ数が違うことです。

印刷会社への注文では、ノンブルの最終数字ではなく、本文の総ページ数を指定します。

 
ページ数が変わると印刷価格も変わるため、印刷会社は進行を止め、お客様に本文の総ページ数を確認してから作業を再開しますので、納期の後ずれにもつながってしまいます。

 

スムーズな注文と入稿のノンブル対策

 
総ページ数の指定間違いを防ぐ有効な方法は、通し番号の通りにノンブル(ページ番号)をつけることです。

 

ページ数の少ない画集、アルバム、メニュー表など、ノンブルのない冊子もありますが、ある程度ページ数のある読み物なら、必ずノンブルがついています。

しかし、ノンブルでよくあるミスが、変則的につけたノンブルの最終ページの番号をそのまま総ページ数として印刷会社に指定してしまうことです。

 

ノンブルの入れ方は冊子によって様々で、ノンブルの「1」が必ずしも本文の1ページ目ではないことがあります。

台割表で全体を把握しながら作業を進め、注文・入稿前に次の3点が一致しているか、チェックしましょう。

 

  1. 通し番号
  2. Wordの画面の下部に表示される総ページ数
  3. PDFで表示される総ページ数

 

台割表をつかったページ数の確認

台割表にノンブルと通し番号を分けて記入しておくと、一覧で全体のページ構成がわかります。
手書きでもExcelでも良いので、台割表を作っておきましょう。

ページが追加されたり、減ったりしたら、台割表も更新することをお忘れなく。

台割表にノンブルと通し番号を分けて記入しておくと便利!

 

この台割表の冊子の印刷注文は、本文総ページ数を「18ページ」で指定します。
※ノンブル最終数字の14ではない点に注意

 

台割り表の作り方【本・冊子の原稿データ作りの手順】


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月23日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから