株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

フランス表紙(がんだれ表紙)におすすめの紙

フランス表紙とは、横幅の長い表紙をブックカバーのように内側に折り曲げた表紙のことです。「がんだれ表紙」ともいいますが、今はフランス表紙、フランス製本、フランス装という方が多いです。

フランス表紙とは

お洒落で個性的な装丁で、ブランドブック、パンフレット、カタログ、ZINE、リトルプレス、写真集、同人誌などでしばしば見られます。

フランス製本(雁垂れ(がんだれ)製本)

フランス製本については、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。  
ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

フランス発祥? 「アンカット製本」

フランス表紙という名前は、洋書の仮製本の装丁「アンカット製本」に由来するものです。今ほど印刷技術が発達していなかった時代のヨーロッパでは、書籍はハードカバーの表紙のない仮製本の状態で売られて、個人で職人に頼んで表紙を作るのが普通でした。

当時のアンカット製本は文字通り紙を化粧断ちしていない状態の本のことで、本文のページが袋とじの状態になって、それをペーパーナイフで切りながら読んでいました。表紙もあえて大きめのまま折り込まれていました。

現在のフランス表紙は一般的に天地も小口も綺麗に裁断されていますが、内側に織り込まれた表紙には、昔のヨーロッパのアンティークな雰囲気を感じさせます。

内側に織り込まれた表紙には、昔のヨーロッパのアンティークな雰囲気を感じさせます

フランス表紙に使う紙

フランス表紙は基本的に無線綴じの形状なので、本文用紙を支えるために、本文より厚い紙を使う必要があります。本文より薄い紙を使ってしまうと、背表紙の強度が落ちますし、折角のフランス表紙も貧弱に見えます。

たとえば本文に書籍用紙72.5Kの紙を使うなら、表紙用紙は110K以上は欲しいです。

厚めの紙を使うと、表紙を折り込んだ部分が分厚くなって、頑丈な印象の本になります。

○コート紙・アート紙

表紙の定番用紙、コート紙、マットコート紙、アートポスト紙、マットポスト紙はフランス表紙にも最適です。カラー印刷をするならまずはコート紙系を検討すると良いでしょう。コシがあって滑らかな紙なので、表紙を折り返してもページを捲る邪魔になりません。

ラミネート加工を施すとさらに耐久性が高まって、本をしっかり保護してくれます。

○レザック

表紙用ファンシーペーパーの定番、レザックでフランス表紙を作ると非常に重厚な印象になります。レザックは通常の無線綴じにしても十分存在感のある紙ですが、折り返すことによって高級感がさらにアップします。記念誌、追悼集など、何かの節目に発行する冊子にぴったりです。

その他、様々な紙を使って本を作ることができます。

イシダ印刷のオンライン見積もりで取り扱っていない紙も使用可能です。

画用紙のような紙、再生紙、色のついた紙、和紙など、まずは好みの風合いを伝えてみましょう。

 

フランス製本(雁垂れ(がんだれ)製本)

 

フランス製本については、通常のお見積もりページとは別の窓口で承っています。  
ご相談は下記よりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短8月24日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから