株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

お支払い方法

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

仕様変更のご依頼手続きが変更になりました。こちらを事前にご確認ください。

会社案内を最大限に生かす方法 ~パンフレット作りのコツ(2)

パンフレット(会社案内)前回は紙のパンフレットの意義や価値についてお話しました。今回はいよいよ会社案内のパンフレットを実際につくるための具体的な方法についてのご提案です。
 
せっかく時間も労力もかけてつくるのですから、ありきたりではなく、目的に合った内容にしたいもの。しかも見てくれる人にとって有益な情報が書かれていないとせっかくのパンフレットもその実力を発揮できません。
 
また、Webと違って紙媒体は興味のない人、普段貴社の事業内容にはなかなか触れる機会がない人の手にも渡るかもしれないチャンスを秘めています。手にとってくれた人は貴社にとっては大切な縁。ひと目見て印象に残せるような、末永く手元に置いてもらえるような、そして多くの人の目に触れてもらえるようなパンフレットづくりを目指しましょう。

会社をアピールするパンフレットづくりのポイント4つ

1 コンセプトを決める
大切なのは「誰」に「何」を伝えたいか、を決めることです。配布対象によって必要な情報はまったく違うものになります。対象は顧客なのか、株主なのか、または取引企業なのか。ポイントは広く浅い情報をまんべんなく掲載したものより、対象を絞って作成したものの方が内容は濃くなり、読んでもらえる確率が高まります。
 
2 イメージを決める
ロゴやイメージカラーが決まっている場合はそれに基づいてパンフレット全体のイメージを決めます。例えばロゴの色が青で、フォントがシャープな雰囲気であれば、そのイメージを全体にも使用して統一感が出るようにデザインを決めていきます。パンフレットは興味のない方にもパッと開いてもらえる可能性が高いので、会社のイメージを素早く伝えることができます。社名を覚えてもらえなくても、ロゴの形やカラーの印象だけでも頭の片隅に残せるようにしたいものです。
 
3 写真、イラスト選び
どんなサービスを提供している会社なのか、何をつくっている会社なのかを見る人にひと目で伝えるには、写真やイラストなどビジュアルで訴えることが重要です。わかりやすく大き目に、イメージに合った写真やイラストを準備することはパンフレットづくりにおいて大切な要素です。特に見た目が重要視されるような昨今では、できるだけ質の高いビジュアルを用意しましょう。ただし、「見掛け倒し」もすぐに見抜かれてしまう世の中です。あくまでも嘘偽りのない真実に乗っ取ったものであることを心がけましょう。
 
4 見やすくすっきりしたデザイン
伝えたいことがありすぎて、あれもこれもと詰め込みたい気持ちはよくわかりますが、パンフレットの極意は「伝わること」です。さらっと短い時間目を通しただけでどんな会社かが伝わるようにデザインはあくまでもシンプルにすることをおすすめします。余白部分を多めにとることで、写真や文字がすっきりと頭に入ってきますし、校正時にチェックしやすいというメリットもあります。
 
紙のパンフレットにはまだまだ大きな可能性があると私は考えます。作成をお考えの際はぜひイシダ印刷までお気軽ご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷 最大60%OFFキャンペーン

印刷・製本の仕様/価格について

冊子印刷・製本のおすすめ仕様例

サイズや綴じ方が決まっている方は下記の各仕様例よりお見積もりフォームに遷移後価格をご参考ください。
部数などの仕様はお見積もりフォームで変更しながらリアルタイムで価格をご確認いただけます。

イシダ印刷の印刷・製本価格

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

 冊子印刷・製本の価格表一覧はこちら
  •  無線綴じ価格表

    無線綴じ

    書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  •  中綴じ価格表

    中綴じ

    取扱説明書・会報・報告書・パンフレット・リーフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  •  平綴じ価格表

    平綴じ

    ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

本日ご注文で最短10月31日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから