株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

小冊子の作り方(サイズ、製本方法、紙を決める)

小冊子の作り方の手順

印刷会社に小冊子の印刷注文をするときは、入稿だけでなく、冊子のサイズや紙、綴じ方を指定します。

入稿データを作成する前に、冊子の骨格となるサイズとページ数を決めましょう。サイズは冊子の用途によって適した大きさが変わります。

たとえば、講習会のテキストや教科書はA6サイズでは小さく、B5やA5サイズが多いです。小説はA6や新書判など小ぶりなサイズが一般的です。反対に、A4サイズの小説は大きすぎて読みにくくなります。

小冊子のサイズとジャンル

  • A4サイズ(210mm×297mm)
    A4サイズはビジネスや学術分野の小冊子に幅広く使われています。
    A4サイズの紙面いっぱいに文字がぎっしり詰まっていると読むのが疲れてしまうので、図版やグラフをレイアウトすると読みやすい冊子になります。
    A4の冊子印刷 4パターンの印刷価格を調べました 

    • 会社案内
    • パンフレット
    • 論文集
    • カタログ
    • 資料集
    • マニュアル
    • レポート
    • セミナー資料
  • B5サイズ(182mm×257mm)
    同人誌B5サイズはA4より少し小さめで、クリエイティブな小冊子にも適しています。
    B5の冊子印刷 3パターンの印刷価格を調べました 

    • 広報誌
    • 文芸誌
    • イラスト集
    • 写真集漫画
  • A5サイズ(148mm×210mm)
    B5と同様に、小冊子に人気の小ぶりなサイズです。横型の小冊子にもおすすめです。
     
  • ZINE
  • アートブック
  • 同人誌

小冊子のサイズが決まれば、1ページに掲載できる情報量も決まり、おのずとページ数が決まってきます。

参考記事:1ページの文字数、1行の文字数の設定はどうする?
 

小冊子の製本方法、綴じ方

サイズとページ数が決まったら、全体のボリュームに合った製本方法を探します。

 

他にも、簡易的な資料の製本方法には、ホッチキス留めの平綴じも適しています。
 

小冊子の紙を決める

サイズ、綴じ方を決めたら、あとは紙の種類を決めるだけです。
本文用紙、表紙用紙で選べる紙の種類は、印刷会社によって違います。WEBサイトの注文ページや取扱い用紙一覧ページで確認しましょう。

表紙用紙

表紙は小冊子の顔です。デザインやコンセプトに合った紙、お気に入りの紙など、自由に選びましょう。

フルカラーで華やかに見せたい小冊子なら、コート紙やマットコート紙、豪華な画集ならアートポスト紙やマットポスト紙、シックにモノクロのタイトルを見せるならレザックなど、いろいろな選択肢があります。
 

一つルールがあるとすれば、本文用紙より厚めの紙を選ぶことです。冊子の見栄えと強度を高めることができます。小ぶりなサイズを中綴じで綴じる小冊子は、表紙と本文を同じ厚さの紙で製本するのも一般的です。
 

本文用紙

本文用紙は、テキスト主体のモノクロ冊子なら上質紙か書籍用紙写真、イラストが主体のフルカラー冊子なら発色の良いコート紙やマットコート紙を選びましょう。

コート紙やマットコート紙は上質紙に比べると料金が高くなります。印刷費の予算を抑えるなら、フルカラー印刷の小冊子に上質紙を選んでも問題なく印刷できます。ただ、上質紙はコート紙やマットコート紙に比べると、色の再現性はやや沈んだ印象の色味になります。

イシダ印刷の取り扱い用紙一覧

 

原稿データを入稿する

冊子印刷を取り扱うネット印刷の注文方法は、注文ページで印刷や製本の仕様を選んで注文手続きを進めると、データ入稿ページが表示されます。ボタンをクリックするだけの簡単な操作でオンライン入稿ができます。データ作成のルールを確認して、入稿しましょう。
 
注文と入稿が完了すれば、あとは印刷会社から印刷製本された小冊子が届くのを待つだけです。ネット印刷は年々、品質の高い冊子印刷をリーズナブルに、早くできるようになっています。綺麗な小冊子が安く、早く仕上がるネット印刷を活用してみましょう。


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短12月13日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから