株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

製本の方法を決める

作りたい冊子の種類で綴じ方を決めましょう
 
以前にも書きましたが、冊子を作る場合はその本の種類によって最適な綴じ方を選択する必要があります。イシダ印刷の御見積では「無線綴じ」「中綴じ(針金綴じ)」「平綴じ(ホッチキス留め)」の3種類の方法から選択できるようになっています。どれを選んだら希望通りの冊子を作ることができるのでしょう。あらためてそれぞれの綴じ方を解説したいと思います。皆さまが作りたい冊子が最適な綴じ方で作成していただければ幸いです。

 
それぞれの特徴やメリット、デメリット
 
無線綴じ無線綴じ・・・糸や針金を使わずに綴じる方法。紙を束ねた背の部分をホットメルトと呼ばれる糊を使用して張り合わせる。
 
ページ数の多いものに使われることが多く、比較的安価でできます。漫画雑誌や文庫本、コミックなどにこの綴じ方が使われています。
 
綴じ部分は背の糊で合わせた部分のみなので、本を180度開くことはできません。手などで押さえないと開いたままにできないため、楽譜や台本などには不向きかもしれません。無理に開こうとすると背の部分の糊が外れ、ページが取れてしまうこともあります。最近は糊の質も向上し、そのようなことはかなり減ってきました。
 

中綴じ中綴じ(針金綴じ)・・・本を開いた状態の用紙を束ね、真ん中で折る部分を中央に沿って針金で留める方法。週刊誌や漫画雑誌、広報誌、パンフレットなど多くの冊子に使われる。
 
綴じ方の性質上、あまり厚みのあるものには向いていません。開いた状態で使いやすいため、通帳やノートなどにも使われています。紙を重ねて折り曲げるという特徴のため、外側に来る用紙ほど大きく、真ん中にいくほど小さくなります。これは折り曲げた状態でカットするためです。
 

平綴じ平綴じ(ホッチキス留め)・・・は背の部分から約5mmのところに2か所、もしくは3か所をホッチキスで綴じる方法。教科書や少し厚めの取扱説明書などがこの方法で綴じられている。
 
この方法は無線綴じより丈夫にできますが、本を180度開くことはできません。無線綴じのように無理に開くことも不可能なため、開いたまま使用するような場合は不向きです。

 
どの綴じ方がいいのか、迷ったらぜひイシダ印刷にご相談ください!
 
それぞれの綴じ方には特徴があり、メリットもデメリットもあります。作りたい本の使われ方や内容によって、最適な綴じ方をご選択ください。どれにしたらよいか迷っている方は、ぜひ気軽にお問合せください。経験豊富なスタッフがお客さまと一緒に一番良い方法を選べるようお手伝いいたします。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから