株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

能登半島地震の影響による商品のお届けについて

製本方法に迷ったら無線綴じがいい理由、表紙カバーは付けた方がいい?

本年度の卒業アルバムのご依頼について、予定する冊数を超えましたので停止しています。
卒業アルバム以外の無線綴じなどは引き続き承っております。

製本方法を選ぶポイント

本(冊子)にどの製本方法がよいかは、その内容や目的、ページ数によって決まってきます。

これらの要素はそのまま読書体験に結びつき、内容の評価にも関わってきますので本づくりにおいて無視することはできません。

 

使用目的を考えずに作られた本は、読み手を疲れさせ、敬遠されてしまいます。
本はだれかに使われる(読まれる)ためにあるものですから、ネット印刷や印刷会社に印刷製本を注文するまえに、可読性についてしっかりと考えておきたいところです。

 

迷ったときは「無線綴じ」

無線綴じ冊子製本

無線綴じというのは、だいたいの状況に対応できる万能選手で、イシダ印刷では4ページの薄い冊子から800ページの大著まで対応することができます。

この対応力が無線綴じの選ばれやすさの理由の一つですが、メリットはそれだけではありません。
ふつう無線綴じには向いていないとされている楽譜や写真集、画集であっても、デメリットよりはメリットのほうが大きいのです。

 

演奏を目的とした数ページ程度の楽譜などは中綴じをおすすめします。
無線綴じは、ページを開いたまま自立しづらいため譜面台に安定して置くことができません。

イシダ印刷の無線綴じ印刷製本

背表紙は何ページからできる?背幅は何mm必要?【無線綴じ冊子の製本】

無線綴じのページ数の限界は?最低&最大ページ数と印刷価格、用紙選びのポイント

 

無線綴じのメリット

無線綴じのメリットは、なんといっても手に持ちやすく、ゆえに読みやすいことがもっとも広く親しまれている理由ではないでしょうか。

ところで、書店に流通している無線綴じの書籍には表紙カバーの付いているものが一般的ですが、持ちやすさの観点からいえば、じつは表紙カバーはないほうがよいのです(*個人的な見解です)。

 

表紙カバーは付けるべき?

カバーと帯 印刷価格

無線綴じ製本の「表紙」とは、本文の束をくるんで糊で綴じられている紙を指し、「表紙カバー」とはその上から本に巻かれている紙を指します。
イシダ印刷の無線綴じ製本でも、表紙カバー(ブックカバー)と帯をオプションで追加した本をおつくりいただけます。

 

無線綴じの本に表紙カバーが付いていると、本体が保護され、本格的で見栄えも良い一方、読んでいてとにかく本そのものが滑ることがデメリットといえます。
かといって、カバーを外すと表紙デザインがそっけないこと。

 

日本で出版されているほとんどの本がこの欠点(つまり表紙カバー)を持っています。
机の上にひらいて読むばかりが読書ではなく、わたしたちは寝ころびながら読むこともあれば便座にすわって読むこともあるし、お風呂にだって持ちこんでもいいわけです。

 

また、そっけない表紙というのはカバーを外して読まれることを想定していないデザイン・紙質が多く、読むたのしみを奪いこそすれ、与えてくれることはありません。表紙カバーが可読性をいちじるしく阻害するのは本としての目的を見失っているといってよく(*個人的な見解です)、本の著者にとっても残念なことでしょう。

 

出版経験はあるが、これまでの本に満足できなかった方、いちど本を作ってみたいけど製本方法で迷っているという方は、ぜひ「表紙カバーのない無線綴じ」をお試しください。
印刷製本の費用を安く抑えることができ、比較的短納期で仕上げることが可能です。

無線綴じとは?特徴や冊子印刷の価格、メリットとデメリット【製本の種類その2】

 

かんたん無料自動お見積もり&ご注文ページ

冊子印刷のお見積もり&ご注文ページ

無料・自動で価格をリアルタイム表示
お見積書のPDFダウンロード、印刷もOK!

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短6月4日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから