株式会社イシダ印刷 イシダ印刷は冊子印刷・製本の最安値に挑戦中です! 用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 10:00~18:00 / 休業日:土・日・祝日

クレジットカード PAID(後払い) 銀行振込 代引き コンビニ払い

今すぐ
使える
1,000pt
プレゼント!

101部以上のオンデマンド印刷、値下げしました!

印刷の入稿データはPDFが一番オススメ

PDFで入稿データを作る

印刷に最適なデータ形式のトレンド「PDF

PDFは「Portable Document Format」の略で、データを紙に印刷したときの状態を、そのままモニターで確認できるファイル形式です。アプリケーションやフォントがパソコンにインストールされていなくても、PDFを表示できる環境であれば、原稿を作成した時と同じように見ることができます。

数年前まで、印刷データはIllustrator.ai)形式や、InDesign.indd)形式で入稿するのが主流でしたが、高品質で扱いやすいPDFに置き換わりつつあります。

イシダ印刷では、PDF入稿するだけで10%割引が適用されますのでPDF入稿を推奨しております。

PDF入稿ガイド(Word)

 

PDF作成のポイントその1: 解像度に注意

紙の印刷をする際に、最も気をつけたいのは解像度です。

  • 印刷会社に入稿するデータの解像度は300dpi350dpi
    モノクロ印刷はグレースケール=解像度600dpi、モノクロ2階調=解像度1200dpi

IllustratorInDesignPDF/X-1aPDF/X-4、あるいは高品質印刷など、印刷物に適した形式を選んで高解像度で書き出します。

Wordはデフォルトで書き出すと低解像度になっている場合があるので、設定を確認しましょう。

下記の記事もご参考ください。

【Word】印刷すると画質が落ちる原因は「解像度の設定」対処法は?

PDF作成のポイントその2: 色に注意

印刷のカラーモードはCMYKです。色の三原色「C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)」にK(キープレート、黒)を足した4色のインクで文字や写真を紙面に再現しています。

しかし、PowerPointやWordなどのオフィス系ソフトは基本的にRGBで書き出されるので注意が必要です。RGBとは光の三原色の「赤、緑、青」で色を表現する方式のことで、蛍光色に近い鮮やかな色を表現できます。

RGBとCMYKでは、一番鮮やかに表現できる色にかなり違いが出てきます。くすんだ色、暗い色なら違いはほとんどありません。

RGBのPDFで入稿したデータは、印刷会社でCMYKに変換してから印刷されます。

元の原稿で鮮やかな色味を使っていると、RGBに変換することでくすんだように感じることがあります。

PDF変換のトラブル関連

下記記事もご参考ください。

PowerPointでPDF変換したら色が変わった!画像が消えた!原因と対処方法

WordやPowerPointで印刷したら色が暗い、くすむ時の理由と対処方法

写真やイラスト、ロゴカラーなど色表現にこだわりたい印刷は、画像編集ソフトなどであらかじめCMYKで作成した画像をPowerPointやWordに挿入しましょう。試し刷りサービスを利用して、本印刷前に仕上がりをチェックすることもできます。

試し刷り

PDF作成のポイントその3:トンボはつけない

トンボの付け方は印刷所によって違いますが、イシダ印刷の場合はトンボが必要ありません。トンボをつけると再入稿になってしまうので、ご注意ください。

トンボは面付けの際に印刷所スタッフがつけています。

WordやPowerPoint、Photoshopには自動でトンボを付ける機能はないので、そのまま印刷サイズでPDF変換してください。

IllustratorやInDesignはトンボを付ける機能がありますが、必ず外して仕上がりサイズでPDFに変換しましょう。

PDF作成のポイントその4:断ち切りデザインには塗り足しをつける

紙の端まで画像や背景、罫線をレイアウトする、いわゆる断ち切りのデザインは端まで綺麗に印刷するため「四方3mmの塗り足し」を作ります。

断ち切りデザインには塗り足しをつける

端までオブジェクトのあるデザインを仕上がりサイズぴったりにレイアウトして印刷すると、製本時の裁断でわずかなズレが生じて、コンマ数ミリの白が出てしまう可能性があります。これを予防するのが塗り足しです。

参考:A4サイズの原稿データの場合

  • A4=210mm×297mmの上下左右に3mmの余白をつけて、216mm×303mmでデータを作成します。

入稿データサイズと仕上がりサイズについて

 


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6753-9955 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
冊子印刷・製本 最大60%OFFキャンペーン

冊子のジャンルから選ぶ

利用シーン、目的に合った冊子印刷の仕様を、価格例と合わせてご提案しています。
お見積り&ご注文でサイズや部数、製本方法などを変更してすぐに印刷価格がチェックできます。

製本方法から選ぶ

製本方法のメリットを活かした仕様、冊子のページ数や部数に合った仕様を格安でご提案しています。
対応サイズや用紙、印刷仕様、オプション加工、納期、価格例をご案内します。

  無線綴じ冊子

無線綴じ冊子

書籍・テキスト・報告書などページ数が多い冊子に最適です。800ページの製本まで対応しております。

  中綴じ冊子

中綴じ冊子

取扱説明書・報告書・パンフレットなどページの少ない見開き状態で使うものによく用いられています。

  平綴じ冊子

平綴じ冊子

ページ数が少ない企画書・社内資料やアンケートなどの配布資料など簡易的に用いる資料にオススメです。

  リング製本

リング製本

リング製本は綴じ側にパンチで穴を開けて、ワイヤーリングで背部分を綴じる製本方法です。

本日ご注文で最短7月14日出荷

納期コースを選択ください。
入稿予定日を選択ください。
受付け締切り午後12時(正午)。
お支払いと弊社データチェックの完了後、出荷予定日が確定。

納期についてくわしくはこちら!

ご注文・お見積もりはこちらから