株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

【製本の種類 2】 無線綴じについて

無線綴じ

無線綴じとはどのようにして作られるのか?

無線とじは「無線」と言うとおり、ホチキスや糸などを使わずにとじる方法で、文庫本や雑誌などに幅広く採用されています。

無線綴じの解説図

無線綴じは、図にあるとおり、本文の背の部分を高温の合成のりで綴じ、表紙でくるんで固定する製本方法です。紙の端にしか糊がついていないのに、ページがバラバラになってしまわないのか?という疑問が生まれますが、無線綴じ製本の際には、糊が触れる表面積を増やすために背に溝を入れる加工が施されるので、強度に問題はありません。
のこぎり等で背に対して垂直に切り込みを入れ、糊が入るようにする溝のことを「ガリ」といいます。
また、無線綴じの際には本文の背がきっちり揃っていないと全ページに万遍なく糊が付かないので、印刷した後に背を切りそろえます。その作業のことを「ミーリング」といいます。
そしてしっかりと糊をつけた本文に表紙の紙を巻きつけ、専用の機械でずれないように押さえつけて、糊が乾くまで固定したら冊子の完成です。
作りは単純なようでいて、繊細で丁寧な作業を要求される製本方法ですが、そのぶん美しく丈夫に仕上がります。

無線綴じが向いている冊子

ホチキスを使う「中綴じ」や「平綴じ」との見た目の違いで一番大きいのは「背表紙」があることです。
上記の方法で丁寧に作られた冊子の背は平たく整えられていて、背表紙にタイトルを入れると一気に「本らしく」なって、見栄えがよくなります。背表紙にタイトルがあると本棚に入れた時に見付けやすく、平積みにした時にも横からタイトルが確認できて便利なので、背表紙が5ミリ以上になる場合は是非背表紙もデザインしてみましょう。
また、「中綴じ」や「平綴じ」はホチキスで留めるという構造上、あまりページ数の多いものは作れないのですが、無線綴じは百ページを超えるような冊子も製本可能です。ページ数が増えれば増えるほど背が広くなり、背に模様やイラストを入れてデザインで遊ぶことができるようになって、より素晴らしい冊子になります。
デメリットは、製本の構造上ノドが数ミリ隠れてしまうことです。見開きデザインの地図や絵本などを無線綴じで作る時は、ノドに重要な図や文字を置かない工夫をしましょう。
無線綴じは、機材のない個人ではなかなか上手くできない方法なので、印刷所できれいに製本された冊子を見ると感動的です。ページ数の多い冊子を作る際は、是非無線綴じに挑戦してみては如何でしょうか。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 フリーダイヤル:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

試し刷り無料キャンペーン!

試し刷り無料キャンペーン!

【5月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから