株式会社イシダ印刷用途にあった仕様で無駄なコストをかけず冊子印刷・製本いたします。

  • 会員登録はこちら
  • ログイン
  • カートを見る

冊子印刷・製本の送料は全国無料です 冊子印刷・製本の注文は1冊から注文できます 冊子印刷・製本の外注も歓迎しております

フリーダイヤル:0120-264-233
営業時間: 平日10:00~18:00 / 土10:00~15:00
休業日:日曜・祝日・第2土曜

お支払い方法

【製本の種類2】無線綴じとは?特徴やメリット・デメリットを解説

無線綴じの特徴、製本の方法

無線綴じの解説図
無線綴じとは、上の図のとおり、本文の背の部分を高温の合成のりで綴じ(黄色の線の部分)、表紙でくるんで固定する製本方法です。
くるみ製本ともいいます。
 

「無線」という通り、ホチキスや糸などを使わずに綴じる方法で、文庫本や雑誌などに幅広く採用されています。
 

紙の端にしか糊がついていないのに、ページがバラバラになってしまわない?と心配になりますが、特殊な糊が用紙に触れる表面積を増やすため、背に溝を入れる加工が施されるので、強度に問題は無く、耐久性があり本が長持ちします。
 

この背に溝を入れる加工を「ガリ」といいます。
のこぎり等で背に対して垂直に切り込みを入れ、糊が入るようにする溝を作る加工です。
 

また、「ミーリング」といって印刷した後に背を切りそろえて、本文の背をきっちり揃えて全ページに万遍なく糊が付くようにします。
 

しっかりと糊をつけた本文に、表紙の紙を巻きつけ、専用の機械でずれないように押さえつけて、糊が乾くまで固定したら冊子の完成です。
 

単純なようで、繊細で丁寧な作業を要求される製本方法ですが、美しく丈夫に仕上げることができます。無線綴じ

無線綴じのメリットとデメリット

メリット

1.背表紙がある

ホチキスを使う「中綴じ」や「平綴じ」との違いで一番大きいのは「背表紙」があることです。

丁寧に作られた冊子の背は平たく整えられ、背表紙にタイトルを入れると一気に「本らしく」なって、高級感が出て見栄えがよくなります。
 

背表紙にタイトルがあると本棚に入れた時に見付けやすく整理も楽です。
平積みにした時にも、横からタイトルが確認できて便利ですね。
 

背表紙の幅、背幅が5ミリ以上になる場合は、背表紙もデザインしてみましょう。

3ミリ未満の場合は、文字を入れても読みづらく、表紙や裏表紙にはみ出てしまうのでデザインを入れないことが多いです。
 

2.ページ数が多くても、しっかり綴じられる

「中綴じ」や「平綴じ」はホチキスで留めるという構造上、ページ数の多いものは作れませんが、無線綴じは100ページを超えるような冊子でも製本可能です。
 

ページ数が増えるほど背幅が広くなり、背表紙に模様やイラストを入れてデザインで遊ぶことができるようになります。
装丁の完成度も上がり、表現力豊かな1冊が出来上がります。

背幅計算ツール

無線綴じ冊子の表紙をデザインする際に必要な背幅の計算をすることができます。
使用する用紙と本文のページ数をご入力いただくと、自動で背幅を計算します。

デメリット

1.見開きデザインの本・冊子には不向き

製本の構造上、ノド(綴じ込み部分)が数ミリ隠れてしまい、ページの中央部分を端まで開くことができないため、読みづらくなってしまいます。
 

地図や絵本など見開きデザインの本を無線綴じで作る時は、ノドに重要な図や文字を置かない工夫をしましょう。
7ea5e517da1f1290097fa1307677d7c0

2.ページ数が少ない本・冊子には中綴じや平綴じを

背表紙に糊付けするためある程度背幅がいるため、ページ数の少ない冊子に無線綴じは向いていません。

10数ページの冊子には中綴じや平綴じがおすすめです。

無線綴じが向いている冊子

●文庫本・小説

●カタログ・パンフレット

●論文・学術誌

●教材・教科書

●雑誌・情報誌

丈夫で長期保管ができるので、他にも様々な冊子に用いられています。
 

設備が必要な無線綴じは個人ではなかなか上手くできない方法なので、印刷所できれいに製本された冊子を手に取ると感動的です。

イシダ印刷の無線綴じ

イシダ印刷では800ページまで無線綴じの製本に対応できます。
複数の学者様が集まって作成される論文集などページボリュームのある冊子も、自由な構成で1冊にまとめられます。
 

年間を通して、最も多くの製本実績があるのも無線綴じです。
経験豊富な技術スタッフと、冊子・書籍に適した設備で、品質とコストのバランスの取れた無線綴じ製本を行っております。

無線綴じ印刷・製本の料金

「3分でわかる!かんたん無料自動お見積もり&ご注文」ページで、製本方法を「無線綴じ」に選び、サイズや用紙など、クリックして選ぶだけで自動で料金が表示されます。

100冊以上では他社を圧倒する抜群のコストパフォーマンスです。
ぜひお確かめください。

前回の記事 【製本の種類 1】上製本と並製本、 中綴じと平綴じ それぞれの特徴と使い方


「こんな本にはどんな用紙がいい?」「予算に合った仕様にしたい」など冊子作りのご相談は

電話連絡先:06-6167-7365 / 法人専用窓口:0120-264-233
(平日10:00~18:00 土曜日10:00~15:00)

またはお問合わせフォームからお気軽にお問合わせください。

印刷製本の専門スタッフがお答えしております。

冊子印刷 / 製本の 仕様価格例

つくりたいものによって用紙や綴じ方などさまざまです。
用途にあった仕様で無駄なコストをかけず印刷・製本いたします。

  • お電話でのお問い合わせ・ ご相談 法人専用窓口:0120-264-233→
  • メールでのお問い合わせ→
  • 料金自動お見積り→
PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

PDF入稿で冊子印刷・製本が10%OFF!

印刷・製本の納期をお選びいただけます。超特急2営業日にも対応。ゆったり10営業日の場合は料金がお得です。

納期で選べる! 短納期も対応

入稿データの作成10%OFF

入稿データの作成10%OFF

【8月31日まで】

ご注文・お見積もりはこちらから